記事リスト

電話回線について考える

固定電話

安く運用するために

携帯電話やスマートフォンの普及が進んだこともあって、近年では固定電話回線の契約をする世帯が減少しています。しかし、固定電話の保有が一定の信用力を持つケースもあるため、完全に切り捨ててしまうのは難しい人は少なくありません。そこで、より安く固定電話を運用するための候補となるのがひかり電話です。ひかり電話は大手通信会社が提供しているサービスで、従来のアナログ電話に用いられたメタル回線ではなく光ケーブルを利用しています。多くの場合、ひかり電話は光ケーブルを利用したインターネットと同時に契約しています。同時に切り替えたほうが効率的に工事を行えるという面もあります。ユーザーにとってひかり電話の最大の特長となるのがその安さです。従来のアナログ電話に比べると基本料金が大幅に値下げされます。固定電話を利用した通話が減っている現状を考えると、通話の有無に関わらず徴収される基本料金が安くなるのは大きなメリットと言えます。また、安くなるのは基本料金だけではありません。通話料金もアナログ電話より大幅に値下げされます。つまり、固定電話の維持費を安く抑えたいなら、ひかり電話に切り替えるほうが圧倒的に有利なのです。通信の品質についてもひかり電話はアナログ電話より優れています。光ケーブルはメタル回線よりも多くの情報を送ることができるので、アナログ電話よりもクリアな音質で通話できます。高品質の通話を低価格で実現できるのがひかり電話なのです。